アトピーやニキビの症状は皮膚科で治る|肌の悩みは専門家におまかせ

ナース

つらい魚の目も治せる

メンズ

立ち仕事などを行なう人が発症しやすい病として、魚の目が挙げられます。魚の目は多くの場合、自分の足に合っていない靴を長時間履き続けたために発症することがあります。靴を長い時間履き続けることで、足の皮膚に大きな負荷が掛かるようになることで魚の目が発症してしまいます。放置すると歩行時に強い痛みが発生するようになるため、出歩くことが苦痛に感じる場合や、作業の効率が落ちるなどの問題が現れるのです。この魚の目を治療する場合、横浜の皮膚科へ診察を受けるとよいでしょう。横浜の皮膚科では、硬質化した足の角質を柔らかくする軟膏を処方してくれます。スピール膏と呼ばれる薬剤がこれにあたり、毎日繰り返し患部に貼ることで、硬質化した魚の目を柔らかくできます。数日間スピール膏を使用した後、メスなどで芯を切除することで魚の目の症状を改善させることができるのです。

横浜の皮膚科では、魚の目に対して硬質化した角質を削るといった治療も行ないます。表面をある程度メス削る方法のほか、レーザー治療などを組み合わせることで、硬質化した角質の負担を和らげることができるのです。また、魚の目治療には自分のあった靴を見つけることも重要なことです。自分の足に合わない靴を使用し続けた場合、魚の目は治るどころか悪化する可能性もあります。横浜の皮膚科に相談することで、魚の目の治療促進と再発防止が期待できるおすすめの靴を教えてくれるので、治療だけではなく日頃の生活からの改善方法も聞いておきましょう。