アトピーやニキビの症状は皮膚科で治る|肌の悩みは専門家におまかせ

ナース

タイプに合わせた治療

聴診器

足の裏という場所は、汗などが放散されやすい場所です。首などの太い動脈が流れる場所とは違い、汗により大きな水滴が現れることはないものの、毎日の生活でたくさんの水分が足の皮膚から放散されています。しかしながら、この足は普段靴や靴下に覆われているため、皮膚から発せられる湿気がこもってしまうものとなります。常に高い湿気がある場所といえば、多くの菌類にとって生育しやすい場所となるため、足の裏には大量の菌類が生息しています。なかでも厄介なのが白癬菌と呼ばれる菌です。肌の角質に寄生することで肌に炎症をもたらし、患部には強い痒みが発生するようになるのです。この白癬菌は、いわゆる水虫を発生させる菌であり、発症するとなかなか治すことができないため問題となります。足に発生した水虫を迅速に治す場合は、新宿などにある専門の皮膚科に相談するとよいでしょう。新宿の皮膚科に通うことで、適切な治療によりつらい水虫の害をすぐに解消できるのです。

新宿の皮膚科では、水虫への治療のためにアスタットやルリコンといった薬の使用を行ないます。それぞれ液体タイプや軟膏タイプのものがあるため、新宿の皮膚科では症状に応じた薬を処方してくれます。水虫による症状はさまざまであり、一般的な趾間型水虫や角質化が現れる小水疱型水虫、さらには爪に入り込んで寄生する爪水虫もあります。軟膏タイプの治療薬であれば、患部に塗布することで殺菌効果を皮膚の角質へと浸透させられるので、趾間型や小水疱型の水虫にも高い効果をもたらします。また、液体タイプの水虫ならば、硬質な爪にも浸透させやすいため、爪水虫にも高い効果をもたらすでしょう。